COINS の利用例

  1. 神戸隆行, 他:
    動的再構成可能プロセッサを対象とした自動ASIP 生成〜動的 再構成可能プロセッサVulcan2、および、その開発ツール ISAcc,
    情報処理学会研究会報告 2007-ARC-171, pp. 97-102 (2007/1/23).
  2. 広松悠介, 他:
    複雑な制御構造を持つプログラムのSIMD 命令セットによる最適化,
    情報処理学会論文誌 プログラミングVol.48 No.SIG 4(PRO 32)pp. 62-72 (Mar.2007).
  3. N.Kavvadias, et al:
    YARDstick: Automation tool for custom processor development,
    DATE(Design Automation and Test in Europe) 07, pp.16-20, April, 2007 Acropolice, Nice, France.
  4. 舞田純一, 中井央, 佐藤聡:
    COINSを用いるためのコンパイラの自動生成の一方式,
    情報処理学会論文誌:プログラミング, Vol.48, No.SIG.10 (PRO 33), pp. 34-49 (June 2007).
  5. 舞田純一, 佐藤聡, 中井央:
    Ruby と拡張可能構文解析器生成系による COINS を用いたコンパイラの自動生成,
    FIT2006 第 5 回情報科学技術フォーラム講演論文集(1), pp. 35-36 (2006).
  6. 三好建文, 杉野暢彦:
    細粒度自動並列化に基づくマルチプロセッサ向けの移植性の高いバックエンドの構成,
    情報処理学会論文誌:プログラミング, Vol.49, No. SIG 1(PRO 35), p. 133 (Jan. 2008).
  7. Yasuhiro Nishinaga, Takuro Uchida, Tetsuya Zuyama, Kazuya Tanigawa, and Tetsuo Hironaka:
    Development of compiler which supports high-level programming language for dynamic reconfigurable architecture DS-HIE,
    The 23rd international technical conference on circuits/systems, computers and communications, pp. 405-408 (ITC-CSCC 2008).
  8. Daniel Shapiro, Michael Montcalm and Miodrag Bolic:
    Improved instruction set extension identification: A tuneable algorithm and parallel processing in the COINS compiler infrastructure,
    submitted to Elsevier, (Sept. 30, 2009).
  9. Chirag Dave, et al.:
    Cetus: A Source-to-Source Compiler Infrastructure for Multicores,
    IEEE Computer, December 2009, pp.36-42.
  10. Shigeyuki Sato and Hideya Iwasaki:
    A Skeletal Parallel Framework with Fusion Optimizer for GPGPU Programming,
    APLAS, pp.79-94 (Dec. 2009).
  11. 佐藤重幸:
    リダクションループに対する行列積に基づく自動並列化器の設計と実装,
    第12回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ論文集 (琴参閣, 香川県琴平温泉), pp.100-114 (Mar. 2010).
  12. 今泉 俊幸, 橋浦 弘明, 松浦 佐江子, 他:
    プログラミング学習支援環境AZUR--ブロック構造と関数の可視化,
    電子情報通信学会技術研究報告(知能ソフトウェア工学) 110(386) pp. 61-66 (Jan. 2011).
  13. Shigeyuki Sato and Hideya Iwasaki:
    Automatic Parallelization via Matrix Multiplication,
    PLDI '11, pp. 470-479 (2011).
  14. Michael Montcalm (Univ. of Ottawa),
    Assembly code to memory initialization file generator for the SHIRA tool chain,
    http://carg.site.uottawa.ca/doc/ELG7199MichaelMontcalm.pdf
  15. Fatma Deli (Univ. of Washington Bothell),
    A Method-based Ahead-of-Time Compiler For Android Applications,
    http://courses.washington.edu/css448/zander/Presentf12/deli.pdf (Nov. 2012).
  16. 塩出拓也, 川端英之, 北村俊明:
    APIを用いた言語拡張のためのCOINSを用いた処理系実装の試み,
    信学技報, vol. 112, no. 373, SS2012-49, pp. 19-24 (2013/1).
  17. 産一傑, 川端英之, 北村俊明:
    COINSによる例外処理機構を持つ言語処理系開発支援,
    日本ソフトウェア科学会第30 回大会(2013 年度) 講演論文集, Jssst2013, ソフト-1 (2013/9).
  18. 塩出拓也, 川端英之, 北村俊明:
    書き換え規則に基づくAPIベース言語拡張のためのCOINSを 用いたフレームワークの設計と実装,
    情報処理学会 第55回プログラミング・シンポジウム, pp. 107-113 (2014/1).
  19. Daniel Shapiro, Michael Montcalm, Jonathan Parri, Miodrag Bolic,
    Tunable instruction set extension,
    Computer architecture research group, University of Ottawa. (Received April, 2014), (Apr. 2014).
    https://www.ruor.uottawa.ca/bitstream/10393/20716/1/template.pdf.
  20. Tomohiro Ueno, Hirohide Haga,
    Implementation of static slicing tool using COINS compiler infrastructure,
    The Science and Engineering Review of Doshisha University, Vol. 55, No. 2 (Jul. 2014).
  21. 上野智弘, 芳賀博英,
    COINSを用いた静的プログラムスライシングツールの実装,
    FIT2014情報科学技術フォーラム講演論文集 (Sep. 2014).
  22. 産一傑 (広島市立大学):
    LLVMを活用した例外処理の実現のためのコンパイラ基盤COINSの拡張,
    日本ソフトウェア科学会第31回全国大会 (2014/9) ポスター発表.
  23. 産一傑,川端英之,北村俊明 (広島市立大学):
    COINSとLLVMの連携による例外処理対応とその評価,
    情報処理学会 第56回プログラミング・シンポジウム (2015/1) ポスター発表.
  24. 畠山雄樹, 宮内新, 中野秀洋 (東京都市大):
    ループ終了判定命令を考慮したSoftware Pipeliningの多重ループへの適応,
    情報処理学会 第79回全国大会 1J-01 (2017/3).